よくある質問

よくある質問

  • Q. ウォータージェットの切断面層について教えてください。 開く 閉じる

    A.ウォータージェット加工では一般的に梨地と言われる面相になります。(梨の実のようなザラッとした感じです)

    マシニング等の機械加工のようにツルツルとした面相にはなりません。
    またガラスやアクリル、ポリカなどの透明感のある材質は、白っぽく曇ります。
    詳細につきましては、「ウォータージェット加工事例」をご参照ください。

    詳しくはコチラ
  • Q. ウォータージェット切断ではどれくらいの板厚まで切断可能ですか? 開く 閉じる

    A.弊社のウォータージェット加工機ではMAX190mmです。

    ただし、材質等の加工条件によっても異なりますので、許容範囲内でも対応できない場合がございます。
    なお弊社にて実績がない場合には事前にテストカットをさせていただく場合もございますので、予めご了承ください。
    できるだけお客様のニーズにお応えできるよう対応させていただきますので、まずはご相談ください。

  • Q. ウォータージェット加工後のバリについて教えてください。 開く 閉じる

    A.材質にもよりますが、まず気にならないレベルとお考えください。

    弊社では原則としてバリの処理は行わず、切断したままの状態で納品させていただいておりますが、特別問題になったという事例はございません。

  • Q. ウォータージェット切断では切断面がテーパになると聞いたのですが、本当でしょうか? 開く 閉じる

    A.弊社のウォータージェット加工機におきましては、切断面のテーパはほとんど解消することが可能です。
    ただし材質、特に板厚によっては若干のテーパが発生することもございます。
    弊社のウォータージェット加工機にはダイナミック機能というものが搭載されており、機械が自動演算を行って絶えずノズルの傾きを制御しております。その結果、切断面のテーパレスが可能となっております。
    なおテーパレスにするための推奨板厚はメーカー曰く、38.1mmまでです。ただし材質や形状によっても異なりますので、まずはご相談ください。
    ダイナミック機能につきましては、動画をご覧ください。ノズルがクネクネと動いて加工していく様子をご確認頂けます。

    詳しくはコチラ
  • Q. ウォータージェット加工機で切断できないものはありますか? 開く 閉じる

    A.弊社が把握している限り、強化ガラスだけはその性質上切断不可能です。
    (ただし種類にもよるようですので、弊社と致しましては一緒に研究させていただく協力会社様を募っております。)
    それ以外であれば基本的に何でも切断いたします。金属から家電製品、難削材など「こんなもの切断できないか?」というものがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。
    ※弊社では生物とそれに準ずるもの、食品の切断はお断りしております。ご了承ください。

  • Q. 素材のわからないものでもウォータージェットなら切断することは可能ですか? 開く 閉じる

    A.ウォータージェットなら切断すること自体は可能です。

    ただし素材の硬さ等を憶測で判断し、加工するため精度的にはあまり期待できません。
    精度をご希望のされる場合には事前にテストカットをさせていただくこととなりますので、予めご了承ください。

    なおアッセンブリー品の検査など、研究開発のために切断をご希望される場合においても切断可能ですので、お困りの際は是非ご相談ください。

  • Q. ウォータージェットの切断用ノズルの径と切断取幅(切断代)を教えてください。 開く 閉じる

    A.ガーネットを混ぜて切断するノズルの径が約1.2mm、水のみで切断するノズルが約0.2mmです。
    切断幅(切断代)は材質や板厚等によっても変化いたしますので、一概には申し上げられませんが、ほぼノズル径と同等とお考えください。

  • Q. ウォータージェットで可能な最小の穴あけサイズを教えてください。 開く 閉じる

    A.一概には申し上げられませんが、研磨剤を混ぜて切断した場合でφ3.0mm程度、水だけで切断した場合でφ0.5mm程度とお考えください。
    ただし弊社のウォータージェット加工機の強みといたしまして、切断用ノズルとは別にドリルユニットを搭載しております。よって高圧ジェットでは加工できない穴や穴径の精度が求められる製品に対しては、接触型の工具を使用して対応させていただくことも可能です。
    まずはお気軽にご相談ください。できる限りご要望にお応えできるよう対応させていただきます。

  • Q. ウォータジェット加工には専用冶工具が必要ですか? 開く 閉じる

    A.ウォータージェットでの加工において、板状でフラットなワークであれば基本的に専用冶工具は必要ありません。
    ただし材質や形状によっては専用冶工具が必要となる場合もごく稀にありますので、事前にご相談ください。

  • Q. ウォータージェット加工機で3次元的なものを切断することはできますか? 開く 閉じる

    A.残念ながら、弊社のウォータージェット加工機は基本的に平面加工機となりますので、3次元加工には対応しておりません。
    ただし材料が成型されていて、緩やかに反っているなどの程度であれば切断可能な場合もございますので、まずはご相談ください。

  1. 1
  2. 2
  3. >

お問い合わせ CONTACT

    • tel 0574-25-7089
    • tel 0574-25-7089
    • fax 0574-66-8811
  • メールでのお問い合わせ

ウォータージェット加工による切断サンプルなども無償提供しております。お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ